フリマアプリで私物を売って凌いだ時短勤務期間

第1子を産んで職場復帰してからしばらくはフルタイムで働いてみたものの、仕事と家庭の両立が難しく体調を崩してしまったため時短勤務を選択しました。
私の会社では子が小学校に入学するまで時短を使えますが、短縮分は無給となります。一昨年、昨年の2年間、1時間半の時短勤務で働き、その間元々少ない給料からマイナス4.5万程となった頃が一番金欠でした。

給料から生活費、保育料、保険料、通信料等を支払い残りが大体5.6万円でしたが、前月のカードの支払いをするとこれが無くなってしまうこともザラで、何かしらの支払いが滞り、滞納のお知らせがよく来ていました。
産前の僅かにあった貯金を切り崩しつつ、それでも切り詰めた生活はしたくなかったので節約は特に意識していませんでした。
むしろ日々のなかでちょっとした贅沢はしないと働いてられない位の気持ちでした。

自分ががんばってイライラしたり体調を崩すよりは、お金で解決できる所はお金を使おうというスタンスで家事育児を進めてきましたが、貯金はできずカツカツの生活。この暮らしをいつまで続けていくのかという不安もありました。
金欠時はとにかく持っている物を売りました。使用していないCDやDVD、着ない服、子供の物も乳児期に少ししか使用していなくてまだまだ使える物が沢山あり、フリマアプリに出品して、お金にすることで何とか凌いできました。
今年度から再びフルタイムで働き始め、カツカツの生活からは抜け出しました。お金が無かったら、働くしかないんだなと当たり前のことを考える今日この頃です。